岡田珠貴
まずはチャレンジすること!
異業種への転職に抵抗はなかった
大学では社会学を専攻し、社会の貧困や虐待、子どもの問題について学びました。その後はIT関係の仕事をしていましたが、元々興味のあった分野だということ、また子どもが大好きということもあり、転職を決意しました。今までは社会を働いている側から見てきましたが、次は人と密に触れ合い、福祉の世界をたくさん勉強していきたいと思っています。

異業種への転職でしたが、抵抗はなかったですね。好きなことができるということで動き出すのも早かったです。
ずっとやりたかったことができて、わくわくしています!
岡田珠貴
岡田珠貴
言葉に出さない気持ち
この仕事をやっていると、言葉に出さない気持ちや表情から何かを読み取る力がついていきますね。
自分の伝えたいことを、相手にうまく伝えられないお子さまも、何を言いたいのか?どう思っているのか?と自然にくみ取れることが増えてきました。

障がいのあるなしに関係なく周りの人たちがが理解をしていくことで、みんなが幸せに生きていける環境、地域を作っていきたいと思っています。
いろいろな立場の人の考えに触れる
ラブアリスで働いていると、お子さまだけでなく、ご家族の方や
学校、地域の方など、いろいろな立場の方と触れ合うことができます。
今まで自分が知らなかった世界を知り、もっともっと取り組んでいきたいですね。

大切なのは、まずはチャレンジしてみること!
岡田珠貴
周りの人たちが理解していくことで、
みんなが幸せに生きていく環境づくりを
チャレンジ!
岡田珠貴 岡田珠貴