菅原聡太郎
1人の手で差し伸べているものを100人の手にすること
オープニングスタッフとして介護業界へ
「先生」と呼ばれたいという単純な思いがあり、学校の先生になりたいと考えたのですが、自分もスポーツ選手だったので、怪我をして整骨院や病院のリハビリにお世話になっていた経験から柔道整復師になろうと思いました。

介護の仕事に付こうと思ったきっかけは、鍼灸の学校で同級生だった鳴海さんに誘われたから。笑
月寒のオープニングスタッフとして働き始めたことが、介護業界への1歩でした。
菅原聡太郎
菅原聡太郎
カラダラボやらいふてらすの事業では皆で協力して何かをやることが多く、チームプレイが大切になる事業だと感じています。
オープン2人目のご利用者様からいただいたお言葉が書かれている紙をとても大切にしていて6年間いつも持ち歩いています。大切にしている宝物です。
スーパーバイザーとしての活動
現在はスーパーバイザーとして、直営事業所や加盟事業所のサポート・指導などを行っています。
なかなか売上の上がっていかない事業所で、何ができるのか、どうアクションをしていくのかを常に考えいます。

事業所のスタッフだけではなく、経営者の方とお話する機会も多く、時には強く言わなければならない場面もありますね。
会社の代表として言っている責任を持って、日々仕事をしています。
菅原聡太郎
菅原聡太郎
自分の1日と仲間の1日を使って
臨店や、事業所とのやり取り等、自分が携わることで自分の1日と仲間の1日を使って、1人の手で差し伸べているものを100人の手にすることを目標に頑張っています。
これは、入社当時からずっと変わっていない目標です。

困っている人に対して自分が何をしてさしあげられるか?

自分の携わることで役に立てることを、どんどん広げていきます。
スーパーバイザーを
いかにして輩出できるか
1人の手を100人の手に
菅原聡太郎 菅原聡太郎