鏡恵美
その人の生活の一部になる
現在は訪問看護師として
以前は看護師として、産婦人科や小児科、整形外科で働いていました。
急性期で現場だったので生活期のゆっくりしたこの生活期のリズムに最初は違和感がありました。

現在は訪問看護師として、ご利用者様のご自宅に訪問しています。
現在は他スタッフにサポートをしていただきながら、周りをみつつ、やるべきことを把握しています。
鏡恵美
鏡恵美
家族の介護がきっかけに
訪問看護という仕事に興味をもったのはサポート者の薦めもありましたが、別のきっかけもありました。
ちょうど転職を考え始めた次期に私のおじいちゃんが入所施設にはいることになったんです。家族での介護がままらなくて。
その時に、入所する前にまた何かしてあげられなかったのかな?という思いもあり、ヒューマンリンクのホームページを見たんです。そしたら、色々な業態があって。それぞれに興味が沸いた中で訪問看護の仕事に挑戦してみようと決めました。
ご自宅での生活を続けられるように
何かが不足しているのであれば、看護師がご自宅に訪問をすることで、充足できて、それによってご自宅での生活を続けられるようにサポートしていきたいです。

一人ひとりにしっかりと向き合う時間がとれるので、訪問看護は1対1で密に関われるところが良いと感じています。
ご利用者様の症状や心身状況によって、必要なことをマンツーマンで関われるところが魅力です。
鏡恵美
ご自宅での生活を続けるための
ご利用者様との関わり方
1対1での関わり
鏡恵美 鏡恵美